ファスティングマイスターが教える!酵素栄養学の基本と酵素ドリンク

酵素について

酵素ドリンクというと、「食物酵素」と「消化酵素」と「代謝酵素」という難しい説明が必ず出てきますよね?酵素は死んでるからダメ?いやいや、生き残ってる酵素もあるから大丈夫?そもそも酵素って何なのでしょうか?ファスティングマイスターが詳しく説明します。

 

酵素の歴史と3種類の酵素について

酵素栄養学とエドワード・ハウエル博士

 

酵素について

酵素栄養学を唱えたのは、1985年にENZYME NUTRITIONを書いたアメリカのエドワード・ハウエル(Edward Howell)博士です。酵素を説明するとき、必ず名前が出てくる人物で、生の野菜や果物を中心にした食事とジュースによる食事療法が生活習慣病をことごとく治癒していくという臨床経験から酵素栄養学を発表したと言われています。

 

日本では鶴見先生が代表を務める酵素栄養学協会という会もありますし、山田豊文先生が広めた酵素ドリンクを飲みながら行うファスティング(プチ断食)も酵素栄養学の流れを汲んでいます。とはいえ歴史的にはたった30年程度!まだまだ未知な部分が多く、え?と驚くようなトンデモ酵素話も出回ってるんですよね。

 

酵素は大きく分けて3種類あります

 

酵素は一言で説明するとたんぱく質。それも4000種類前後の酵素が体の中で働いていると言われています。スゴイ数ですよね!その中で酵素ドリンクを説明するのに必要な酵素の名称は3つ、体外酵素と言われる食物酵素、そして体内酵素と呼ばれる消化酵素と代謝酵素です。

 

食物酵素(体外酵素)

酵素ドリンク 食物酵素

食べ物の中に含まれる酵素が食物酵素です。加熱や加工によって壊れるので、食物酵素を摂りたい場合は生の食べ物を食べましょう!ちなみにバイタミックスなどで作るスムージーは酵素が壊れてしまうのだとか。低速ジューサーでゆっくり絞った野菜ジュースにはしっかり酵素が残されているので、食物酵素を意識するならスロージューサーがおすすめです。

 

 

消化酵素(体内酵素)

酵素ドリンク 消化酵素

その名のとおり、消化酵素とは食べたものを消化して吸収するときに必要になる酵素です。きちんと消化吸収が行われないと、未消化のものが有害物質を生み出して腸内環境を悪化させ、病気の元になります。消化酵素を大きく分けると、お肉などたんぱく質を分解する酵素(プロテアーゼ)、お米やパンなど炭水化物を分解する酵素(アミラーゼ)、油を分解する酵素(リパーゼ)があります。海外では消化酵素サプリメントが販売されていますが、日本では医薬品。実は人それぞれ消化の苦手な食べ物があり、私はたんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)が少ない体質です。腸内フローラ検査などで調べられますよ。

 

 

代謝酵素(体内酵素)

酵素ドリンク ランキング表

代謝酵素も体内酵素の1種で、細胞を修復や栄養素の作り替えなど消化以外のあらゆる生命活動(細胞修復や新陳代謝)に必要な酵素です。面白いのが、暴飲暴食や加工食品の食べ過ぎで消化酵素をたくさん使ってしまうと、代謝酵素にそのパワーを回せないんです。消化酵素が働いているときは代謝酵素が働けない=細胞修復やデトックスができないということ!暴飲暴食が体調不良や病気の原因になるのは、こういうことなのですね。

 

 

【それってホント?ファスティングマイスターの酵素あるある話】

 

 

食物酵素は生の野菜や肉に含まれる酵素で、摂取した食物の消化を手助けする酵素です。生の食べ物は消化器官に負担がかかりにくいということです。この食物酵素(食べ物の酵素)からは代謝酵素(体内酵素)を補うことはできません。なのですが、ある酵素ドリンクを販売する会社のHPには「うちの酵素ドリンクには代謝酵素が入っています!」なんて堂々と書かれていたりします…体内酵素が入っているなんてトンデモ話ですね(笑)

 

【それ古い?ファスティングマイスターの酵素あるある話】

 

 

酵素栄養学では体内酵素の生産量は一生で決まっていると言われており、ファスティング協会でもローフードの世界でも同じように説明されています。とはいえ、ハウエル博士の酵素栄養学はすでに古く、現在の科学や栄養医学では遺伝子の暗号に基づいて必要に応じて酵素が作られていることが明らかになっているそうですよ。今まで言われていた「体内酵素が尽きたときが命の終わり」なんてことはないのですね。とはいえ、消化酵素を働かせすぎると代謝酵素(細胞修復)にパワーが回せないので要注意!

 

酵素と酵素ドリンク、そしてファスティングの関係について

酵素について

食物酵素、消化酵素、代謝酵素、3つの酵素について理解できましたか?次は3つの酵素と酵素ドリンク、そしてファスティングの関係について説明します。そうそう、間違いがちな酵素と酵母の違いも知っておくといいかもしれませんね^^

 

酵素ドリンクの食物酵素は死んでいるのか?生きているのか?

 

一般的に、酵素ドリンクに入っていると思われている酵素が一番始めにに説明した食物酵素(体外酵素)です。生の食物に含まれる酵素なので、酵素ドリンクには生きた食物酵素が入っているような気がしてしまいますよね?

 

酵素ドリンクは加熱処理が義務付けられている
上の説明にも書いたように、食物酵素は加熱や加工で死んでしまいます。たいてい70度前後で失活すると言われているため、加熱が義務付けられている酵素ドリンクの酵素は死んでいるというのが通説です。

 

 

体内酵素の増やし方

 

・酵素不足の症状
・酵素不足の原因
●ファスティング
固形物を断ち、胃腸などの消化器官を休ませるファスティングは消化酵素を使わずに節約でき、エネルギーを細胞修復を担う代謝酵素にまわすことができます。

 

●生のものを意識して食べて、消化酵素を無駄遣いしない
全てをローフードにするのは難しいこと。私はお皿の半分を生の野菜などにして、意識してローフードを摂るように心がけています。

 

●加工食品など消化が困難な食品を控える

 

 

大高酵素や協会、優光泉の酵素見解を引用を含めて説明
いま変わる酵素学の本抜粋、本いっぱい写真

 

 

酵素について

勘違いされがちな酵素と酵母のちがい

酵素ドリンクの中には酵素だけでなく、酵母も生き残って開封後に再び発酵を開始するものもあります。それが優光泉。
乳酸菌や酢酸、各社それぞれの酵母菌を加えており、酵母(菌)によって発酵が進むわけです。

 

 

ファスティングと酵素の関係

 

消化酵素を使わないことが代謝酵素をうまく働かせるための条件。

 

山田先生
・代謝酵素のパワーを高めるには、消化作業を休み、消化酵素の仕事を軽減するしかない。消化に完全休養を与える断食が最良策だが、食べ過ぎないこともかなりの有効策といっていい。
・腸を休ませ、よい環境にしておくことは免疫という面からも重要だ

 

 

 

ファスティングで酵素ドリンクを使用する場合、実は酵素が生きているか死んでいるか?なんてことは全く問題ではありません。

 

なぜなら酵素ドリンクは酵素入りドリンクではなく発酵ドリンク!※中には優光泉のように酵素が生きている酵素ドリンクもあります

 

発酵によって栄養素が低分子化されて格段に吸収がよくなった栄養豊富なドリンクが酵素ドリンクだと考えればいいのです。
なのでファスティングで消化器官を休ませて消化酵素を使わない状況を作り、その間に代謝酵素に働いてもらいうというのがファスティングの目的なんですよ。
ファスティンに必要なモノ

 

適度な糖質と吸収のいいビタミン、ミネラルが含まれた酵素ドリンクを飲むことによって血糖値が一定に保たれ、空腹感が少なくファスティングが行えます。
また、適度な糖質は筋肉や骨を減らさずに細胞内に溜まった老廃物を体外へ排出するための優秀な発酵ドリンクと思ってください^^

 

 

 

酵素栄養学の基本と酵素ドリンクのまとめ

 

ファスティングではなく飲むだけでも酵素ドリンクは意味があります。

 

低分子化された栄養や酵母菌が体内酵素そのものを増やす働きをしてくれるからです。

 

酵素ドリンクのおかげでファスティングが快適にラクに実践でき、筋肉や骨を減らさずに脂肪を燃焼させてデトックスやダイエットができるんです。発酵のチカラってホントに素晴らしいです^^

 

 

参考:いま、栄養学が変わる 竹内進一郎著
脳がよみがえる断食力 山田豊文著